2017/06/14 04:00

舘ひろし&黒木瞳が22年ぶり共演!内館牧子原作「終わった人」映画化

夫婦役で22年ぶり共演の舘ひろし&黒木瞳 (C) 2018「終わった人」製作委員会
夫婦役で22年ぶり共演の舘ひろし&黒木瞳 (C) 2018「終わった人」製作委員会

 NHK連続テレビ小説「ひらり」(1992)や「週末婚」(1999)など多くのヒットドラマを放ってきた作家、脚本家・内館牧子の小説「終わった人」が、舘ひろし主演、黒木瞳をヒロインに迎えて映画化されることが決定し、舘&黒木が22年ぶりに共演することが明らかになった。『リング』シリーズ、『仄暗い水の底から』(2001)などのホラー映画の巨匠として知られる中田秀夫監督が、一転して大人のコメディーに挑戦する。

 本作は、大手銀行のエリートコースから転落したまま定年を迎え、世間から“終わった人”と思われるようになった主人公・田代(舘)と、かつての輝きを失った夫と向き合えない妻・千草(黒木)の夫婦関係をハートフルに描く物語。

 映画『義務と演技』(1997)以来21年ぶりに内館作品に出演する舘は、『さらば あぶない刑事』(2015)以来の映画主演となる本作に「(約)30年間演じた“刑事”を定年退職してから“再就職先”を探していました。今度の“職場”はハーレーに乗ってショットガンを打つシーンとは無縁です。主演として関わる映画は『終わった人』というかなり辛辣なタイトルですが、定年退職した私がコミカルに見えて、笑えて、最後にジーンとくる映画になると思います」と意欲を見せる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >