2017/06/19 21:55

『3月のライオン』に上海っ子「日本映画の深み感じる」

『3月のライオン』上海国際映画祭上映時 - 現地観客と大友啓史監督
『3月のライオン』上海国際映画祭上映時 - 現地観客と大友啓史監督

 中国・上海市で開催中の第20回上海国際映画祭で、『3月のライオン』の前後編が6月17日から18日にかけて2夜連続で上映され、両日とも大友啓史監督が登壇。既に公共交通機関の運行が終わった遅い時間帯にもかかわらず大勢の日本映画ファンが会場に残り、大友監督と交流していた。

 『3月のライオン』には、声優出演作『君の名は。』が中国でもヒットした主演の神木隆之介をはじめ、最近の出演ドラマがインターネットなどで上海っ子にも視聴されている高橋一生、日中合作映画『空海-KU-KAI-』が控える染谷将太、『映画 ビリギャル』が中国でも公開された有村架純、「SPEC」シリーズの加瀬亮など、現地の日本映画・ドラマファンの間で人気の高い俳優が多数出演。上映後のQ&Aでは、キャストに関する質問が相次いだ。

 キャスティングの際のポイントを聞かれた大友監督は、「一緒に仕事をする俳優は、過去の出演作もよく見ていて、彼らが今まで演じたことのないような役をやってもらいたいと思っている」と回答。「今回、気の強い突っ張った役をお願いした有村架純さんはその典型」と説明すると、観客は納得の面持ちに。「好きな日本の俳優は誰か」という質問もあがり、監督が「僕にとって好きな役者と仕事をするのは大きなモチベーション。『3月のライオン』以外にも、一緒に仕事をしている俳優はみんな好き」と佐藤健や小栗旬ら現地でも人気の高い俳優の名前を口にすると、会場からは歓喜のどよめきが上がっていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >