2017/06/14 18:12

インパルス堤下、睡眠薬服用運転を謝罪 事故の記憶は断片的

所属事務所である吉本興業の東京本部で会見を行ったインパルス・堤下敦
所属事務所である吉本興業の東京本部で会見を行ったインパルス・堤下敦

 お笑いコンビ・インパルスの堤下敦が14日、東京・新宿区にある吉本興業東京本部で会見を行い、本日未明に発生した交通事故について謝罪した。多数のマスコミが駆け付けた会見で堤下は、「自宅から車で10分ほどの距離にあるサウナに行き、車に乗る前にアレルギーの治療薬と睡眠薬を飲んでしまった。自分自身の認識の甘さだった」と経緯を説明し、頭を下げた。

 1か月ほど前からアレルギー症状に悩まされていたため病院に通い、薬を処方されていたという堤下。昨晩深夜は自宅近くのサウナへ向かい、サウナを出たあと牛乳とともに薬を服用。車に乗って「本来なら曲がるべき道を間違えてどこかでUターンしよう」と思ったところまでしか記憶がなく、その次は「車が(路肩に)ガガガっとなった」「警察官に車の窓をノックされた」「呼気検査を行った」など断片的にしか覚えていないという。

 ここしばらく病院に通っているがアレルギー症状が好転せず、今回堤下が牛乳とともに飲んだ薬は昨日処方されたばかりのもの。堤下は「『体がかゆくて眠れない』と医師に相談し、睡眠薬を処方された。睡眠薬は今回が初めてだった」と言葉を続けた。「医師、薬剤師の方から注意点などの説明を受けた」そうだが、「ネットでどういう薬か自分で調べ、大丈夫だと思ってしまった。10分くらいあるから(銭湯で飲めば)ちょうど家に帰って眠れると思ってしまった」と神妙な顔で述べた。所属事務所の説明によると、堤下は運転の前に飲用したのは、ベルソムラ錠20mg・1錠(眠りの質を高める)、レンドルミンD錠0.25mg・1錠(熟睡できるようにする)、アレジオン錠20mg・2錠(アレルギーを抑える)の計3種類の薬だったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >