2017/06/15 12:00

映画『妖怪ウォッチ』第4弾、主人公らキャラ一新!30年後の物語に

左からジバニャン、主人公のトウマ、同じく主人公のナツメ (C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2017 (C)LEVEL-5 Inc. (C)NHN PlayArt Corp.
左からジバニャン、主人公のトウマ、同じく主人公のナツメ (C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2017 (C)LEVEL-5 Inc. (C)NHN PlayArt Corp.

 子供たちを中心に人気を博している「妖怪ウォッチ」シリーズの劇場版第4弾の公開日が12月16日に決まり、タイトルが『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』に決定。今作で主人公を含めたキャラクターが、一新されることが明らかになった。愛くるしいキャラクターとして親しまれてきた妖怪「ジバニャン」も、まさに妖怪の側面が強調されたビジュアルとなっている。

 これまでオムニバス形式やアニメと実写のハイブリッド形式など、さまざまなチャレンジを行ってきた映画『妖怪ウォッチ』シリーズだが、主人公はテレビアニメ版と一貫して小学5年生の少年・ケータくんとされていた。しかし今回の第4弾では、彼とは異なる3人の少年&少女が主人公に。さらに劇中では、ケータたちの時代から30年後の世界を描いた物語が描かれるという。

 さらにジバニャンやウィスパーといったおなじみの妖怪たちも、「ライトサイド」「シャドウサイド」という2つのモードを持つ妖怪として、これまでとは一味違った姿で登場する。「妖怪ウォッチ」シリーズの生みの親で、第4弾の製作総指揮・原案・脚本も務めている日野晃博はこの大変更について、「今回の映画では妖怪ウォッチの新しい可能性にチャレンジしています。これまでの妖怪ウォッチを好きでいてくださっている皆様は、『シャドウサイド』としての変化に戸惑われることでしょう。ですが、今回の新しい世界観も、きっと好きになっていただけると思います」とコメント。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >