2017/06/21 08:15

巨匠ヴィム・ヴェンダース新作は男女が織りなす会話劇!12月公開へ

テラスで男女が会話を繰り広げる…
テラスで男女が会話を繰り広げる…

 映画『パリ、テキサス』などを手掛けたドイツの巨匠ヴィム・ヴェンダース監督による最新作の邦題が『アランフエスの麗しき日々』に決定し、12月より日本公開されることが明らかになった。

 2016年ベネチア国際映画祭コンペティション部門に出品された本作は、ヴェンダース監督作『ベルリン・天使の詩』(1987)などの脚本を担当した友人の劇作家ペーター・ハントケの戯曲を映画化したもの。全編にわたって男女が織りなす会話劇として構成され、ヴェンダース監督にとって初のフランス語作品となった。

 美しい夏の日、木陰のテラスでテーブルを挟み男女が座っている。2人は性的体験、子供時代の思い出、夏の本質、そして男と女の違いについて、語り合うのだった。『ゼロ・ダーク・サーティ』などの俳優レダ・カテブと、舞台・映画で活躍する女優ソフィー・セミンが出演し、男女の会話を男性・女性それぞれの視点でみせる。(編集部・石神恵美子)

映画『アランフエスの麗しき日々』は12月より YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次公開

【関連情報】
ヴェンダース監督の名作『パリ、テキサス』【写真】
新作はアート映画世界初となる3D映画のヴィム・ヴェンダース、「3D技術を使っていくのは映画作家の義務」
『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』の続編をヴィム・ヴェンダースが製作総指揮!
映画のためなら女房も泣かす監督!ジョン・カサヴェテスとは?
Netflixで観られる!現代スペイン映画3選!
悪はとても巧妙だからこそ、人を惹きつける…20世紀の悲劇を乗り越えるものこそ芸術

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >