2017/06/26 20:56

向井理&斎藤工、池井戸潤作品で愕然としたワケとは?

仲良しな向井&斎藤
仲良しな向井&斎藤

 俳優の向井理と斎藤工が26日、都内で行われた「連続ドラマW アキラとあきら」第一話完成披露試写会に出席。本作はセリフで紡がれる重厚な人間ドラマが持ち味の作家・池井戸潤による同名小説が原作であることから、向井と斎藤は「膨大なセリフに愕然としました」と台本を初めて読んだ時の素直な感想をこぼした。

 大企業の御曹司として生まれたエリート・階堂彬(向井)と、父の会社の倒産、夜逃げなどにより苦難の道を歩んできた天才・山崎瑛(斎藤)。本作は、バブル経済とその崩壊で激動した時代を背景に、ともにバンカーとしての人生を選んだ「アキラとあきら」の宿命のドラマをスリリングに描いたヒューマンドラマ。

 向井は「社会派の池井戸さんの作品に参加させていただくことは有り難いことですし、こういうカチッとした職業もののドラマは意外とやったことがなかったので楽しみでした」とオファーを受けた当初の喜びを報告。ところが、それと同時に「セリフも大変なんだろうな」と思ったそうで、台本を手にした時を振り返り、「やっぱり愕然としましたね」と苦笑いした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >