2017/06/26 10:03

アフレコ収録時にはマイクも運ぶ!ディズニー“音”のこだわり

ディズニーの録音技師、ガブリエル・ガイ (C) 2017 Disney (C)K.Suzuki&G.Shibuya
ディズニーの録音技師、ガブリエル・ガイ (C) 2017 Disney (C)K.Suzuki&G.Shibuya

 『モアナと伝説の海』マウイ役のドウェイン・ジョンソンなど、世界を駆け巡る俳優たちが声優出演するディズニー・アニメーション・スタジオ作品。同スタジオはアメリカ・バーバンクに位置しているが、アフレコ収録のためボストンやマイアミ、ときにはニュージーランドなどへスタッフ、そして“マイク”が飛び回るのだという。録音技師のガブリエル・ガイが語った。

 今回の『モアナ』では、モアナの両親の声のレコーディングはその俳優陣が住んでいたニュージーランドで、ドウェインの収録は他映画の撮影で各地に飛ぶ彼のもとに出向くという形でアフレコが行われたという。またバーバンクのスタジオのほか、マイアミやボストンでアフレコを行う際にはほぼ毎回、監督たちも声優と一緒に録音ブースに入り、そこで直接指示を出していたとのこと。

 アフレコ収録は、1回につき約3時間。ガブリエルは、「声を務める俳優さんたちにとっては非常に緊張感が続く、強烈な時間になるわけです。だからそんなに長い時間は続けられません」と説明する。しかしもちろんその例外もある。「ドウェイン・ジョンソンは彼自身が忙しくて時間がなかったので……もっと長い時間録音を続けましたよ。6時間くらいでしょうか。それに彼は肉体的にも強いですからね(笑)! 録音の合間には、チキンとブロッコリーとか食べていましたよ」とのこと。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >