2017/06/27 19:44

『トランスフォーマー』第5弾、初登場1位も興収は…【全米ボックスオフィス考】

初登場1位! - 映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』より (C) 2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C) 2017 Hasbro. All Rights Reserved.
初登場1位! - 映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』より (C) 2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C) 2017 Hasbro. All Rights Reserved.

 先週末(6月23日~6月25日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、マイケル・ベイ監督のSFアクションシリーズ第5弾『トランスフォーマー/最後の騎士王』が興行収入4,468万73ドル(約49億1,480万8,030円)で初登場1位を飾った。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

 初登場1位は死守したものの、オープニング興収は第1弾『トランスフォーマー』(興収7,050万2,384ドル・約77億5,526万2,240円)を下回りシリーズ最低に。ただし、そもそも同シリーズは圧倒的に海外(全米以外)での方が強く、中国ではシリーズ最高となるオープニング興収1億2,340万ドル(約135億7,400万円)を稼ぎ出している。いつも通り批評家からは厳しい意見が多いが、18歳以下の観客の満足度は高いという結果になった。

 公開4週目の『ワンダーウーマン』は2位キープで、2週目の『カーズ/クロスロード』はツーランクダウンの3位。『ワンダーウーマン』の累計興収は3億1,811万1,468ドル(約349億9,226万1,480円)に達しており、あと数日で『スーサイド・スクワッド』および『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の最終興収を抜き、『マン・オブ・スティール』(2013)から始まるDCユニバース作品で最大のヒット作となる見込みだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >