2017/06/27 21:15

ハン・ソロの演技にルーカスフィルム不満…監督・編集クビの『スター・ウォーズ』演技コーチも雇われていた

若きハン・ソロ役のオールデン・エアエンライク Axelle / Bauer-Griffin / Getty Images
若きハン・ソロ役のオールデン・エアエンライク Axelle / Bauer-Griffin / Getty Images

 フィル・ロード&クリス・ミラー監督(『LEGO(R)ムービー』)の電撃降板が大きな話題となった、『スター・ウォーズ』のハン・ソロ主役の新作スピンオフ映画だが、監督コンビだけでなく編集のクリス・ディケンズ(『宇宙人ポール』)もクビになっていたことが明らかになった。また、ルーカスフィルムはハン・ソロ役のオールデン・エアエンライク(『ヘイル、シーザー!』)の演技に満足しておらず、撮影途中で演技コーチが付けられたと The Hollywood Reporter が報じた。

 ロード&ミラー監督の降板は「創造上の相違」によるものと発表されたが、同サイトに関係者が語ったところによると、ルーカスフィルムは彼らの撮影の進め方が遅い点、さまざまなアングルで撮ったりしないために編集時の選択肢が少ない点、即興を重視し、シリーズに長年携わってきたローレンス・カスダンと、その息子ジョン・カスダンが執筆した脚本をどんどん変更する点をよく思っていなかったとのこと。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >