2017/07/02 17:44

庵野秀明、宮崎駿の画の系譜を残したい!米林監督なら「パクリと言われない」

アニメの背景美術語り合った(左から)川上量生、西村義明、庵野秀明
アニメの背景美術語り合った(左から)川上量生、西村義明、庵野秀明

 庵野秀明(株式会社カラー)、西村義明(株式会社スタジオポノック)、川上量生(株式会社ドワンゴ)らが日本の手描き背景美術文化を守るべく立ち上げた背景美術スタジオ「でほぎゃらりー株主鼎談(ていだん)~いま、アニメーション背景を語る。~」が1日、内幸町のイイノホールで行われ、アニメの背景美術の大切さについて大いに語り合った。

 『思い出のマーニー』の米林宏昌監督がスタジオジブリ退社後、初めて手がけた長編アニメーション作品『メアリと魔女の花』の公開を記念して行われた本イベント。庵野は同スタジオ設立に賛同した思いについて「手描きはこれから状況的に厳しくなる。デジタルの方が効率がいいし、もうかるから。そういう中で、伝統工芸みたいなものを残したいし、あらがってほしい。それは作画にも言えますが。だからとにかく新人をとってほしいと言いました。新人が少しでも残ってくれれば、小さいながらも継続していけます」と熱く語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >