2017/07/04 04:00

山崎賢人、フランス語で堂々とあいさつ!実写『ジョジョ』世界初上映で歓声&笑いやまず

フランス語であいさつをする山崎賢人
フランス語であいさつをする山崎賢人

 現地時間2日、スイスで開催された「第17回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭」で、人気コミックを実写化した『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』のワールドプレミア上映が行われ、舞台あいさつに登壇した山崎賢人がフランス語であいさつ。「皆さんが『ジョジョの奇妙な冒険』を観に来てくださり、とてもうれしいです。ヌーシャテルの皆さんのことが大好きです。ありがとうございます(フランス語)」と流ちょうにフランス語で呼び掛けると会場は大歓声に包まれた。

 500人収容の会場に対して、立ち見や空席待ちの人が出るほどの人気ぶりを見せたこの日のワールドプレミア。劇場には空条承太郎のコスプレをして臨む観客も見られ、熱心な「ジョジョ」ファンも集っていた。上映前の舞台あいさつで三池崇史監督が、映画は完成したばかりであり「世界で初めて皆さんに、われわれが作ったものをお見せするという状態です」と観客に伝えると、観客のボルテージは最高潮に。映画本編が流れる前から、配給の東宝やワーナー・ブラザースのロゴが映るだけで観客から歓声が上がるほどの熱気にあふれかえっていた。さらに山崎演じる東方仗助や、伊勢谷友介演じる承太郎の登場シーンはもちろん、原作に登場する場所の名前にも観客は反応。拍手や歓声のほかには、コミカルなシーンでは大きな笑い声も響いた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >