2017/07/09 18:40

トランプ大統領誕生を映画が予言 町山智浩が驚愕する類似点

紐解けば映画はより面白い 町山智浩
紐解けば映画はより面白い 町山智浩

 スターチャンネルが、映画評論家・町山智浩の著書「最も危険なアメリカ映画/『國民の創生』から『バック・トゥ・ザ・フューチャー』まで」(集英社インターナショナル刊)で取り上げられている映画の中から、アメリカが内包する数々の社会問題を鋭く描いた9作品をセレクトし、7月15日より特集放送する。独裁者を生み出す民主主義の“負”の側面を浮き彫りにしたラインナップについて、「なぜ、ドナルド・トランプ米大統領は誕生したのか? その答えがここにある」と町山が語った。

 アメリカ初の長編映画『國民の創生』(1915年)は、映像技術や表現の基礎を作ったと言われているが、壊滅状態にあったKKK(クー・クラックス・クランの略称、米白人至上主義団体)を正義として描き、黒人へのリンチを復活させた罪深き作品。「確かに技術的にはすごいけれど、それを言ったら武器だって同じこと。この映画は優れた兵器みたいなもの。性能はいいが人殺しの道具」と町山は指摘する。奇しくも、そのKKKが正式に支持表明したトランプがアメリカの大統領に就任したが、「KKKが推す人が大統領になるなんて、恐ろしい世の中」と憂いは深まるばかりだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >