2017/07/10 10:08

三池崇史監督の海外進出事情 突然の降板騒動&サモ・ハンとの新作中国映画

イベント時に語った三池崇史監督
イベント時に語った三池崇史監督

 海外の映画祭で特集が組まれるほど国外からの人気も高い映画監督・三池崇史監督が、自身の海外進出作品関連について、現地時間3日に行われた第17回スイス・ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭で行われたトークイベント「Rencontre avec Miike Takashi」内で語った。

 まず、自身初のハリウッド監督作となる予定だった『ジ・アウトサイダー(原題) / The Outsider』について口を開いた三池監督。当時の主演にはトム・ハーディが予定されていたが彼がドタキャンをしたため、それに伴い残念ながら監督も降板へ。現在は別の主演俳優&監督で進められているが、当時のことを監督は、「あと撮影まで1か月と少しのときに、トム・ハーディがやっぱりやらないと電話がかかってきて。僕らは韓国でロケをして準備していた。でもアメリカから電話がかかってきて、すぐ日本に帰っていいと」と述懐。そして今もプロデューサーらとは会っておらず、弁護士同士で話し合いを続けているという。だがやはり作品への心残りはある様子。「そろそろ完成するんじゃないでしょうか? 俺は見ないけれども」と笑みは浮かべつつも、悔しさをにじませていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >