2017/07/11 08:00

声優・宮野真守、『亜人』実写映画にIBM役で登場!佐藤健に親近感

実写版で圭のIBMを演じる宮野真守 (C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社
実写版で圭のIBMを演じる宮野真守 (C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

 桜井画門の人気コミックを佐藤健主演、本広克行監督で実写化した映画『亜人』に、同作のアニメ版で主人公の声を担当した人気声優・宮野真守が参加していることが明らかになった。

 本作は、何度死んでも再生し、IBM(アイビーエム/インビジブル・ブラック・マター)と呼ばれる人型の黒い物体を操作する新人類・亜人であることが発覚した青年・永井圭(佐藤)が、人類と亜人の争いに巻き込まれていくさまを描いたアクションエンターテインメント。宮野は圭が操るIBMの声を担当している。

 「僕にとって『亜人』は永井圭の壮絶な人生を通して、いろんな感情を味わった、とても思い入れの強い作品です。彼と一緒にいろんな想いを抱いて、たくさんの景色を見てきました」という宮野は、「『亜人』が実写映画化すると聞いたときも、また新たな『亜人』の姿が見られると思い、いちファンとしてわくわくしていました。そこでまさか自分にもIBMの声としてお声がかかるなんて、びっくりしましたけど、とても嬉しかったです」と粋なはからいに感謝。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >