2017/07/14 07:15

吉沢亮、ドラマ「銀魂」で殺陣に初挑戦!「生きた心地がしなかった」撮影の裏側とは?

「銀魂」沖田総悟役・吉沢亮
「銀魂」沖田総悟役・吉沢亮

 空知英秋の人気コミックを実写化した映画『銀魂』のキャスト&スタッフによって製作されたdTVオリジナルドラマ「銀魂-ミツバ篇-」に出演した吉沢亮は、同作で殺陣に初挑戦。「生きた心地がしなかった」という一幕さえあったという、柳楽優弥との道場での打ち合いシーンの裏側を明かした。

 吉沢演じる沖田総悟は、舞台である江戸の街の治安を守る警察組織・真選組の一員。ドラマでは、その真選組の活躍がメインに描かれ、個性的なキャラクターが多数登場する「銀魂」において映画版では描き切れなかった、真選組の各キャラクターが掘り下げられる。

 吉沢にとって、演じるのが「すごく難しかった」というこの役どころ。沖田は一番隊の隊長であり、甘いルックスとは裏腹なドSでひょうひょうとした青年だ。メガホンを取った福田雄一監督からは演技指導はほとんどなく、吉沢なりの解釈で挑んだ沖田を「周囲との対比で個性が浮かぶキャラクター」と説明する。その上で、自由すぎるギャグがあふれる「銀魂」でありながら「沖田は比較的、キャラ付けが一貫しているので動きづらいという難しさがあった」とも話す。その口ぶりからは、吉沢がいかに丁寧に実写版・沖田を作り上げたかが見て取れた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >