2017/07/17 19:13

鈴木伸之、「あなそれ」から180度異なる新境地で自信

クインケで戦う亜門鋼太朗(鈴木伸之) (C) 2017「東京喰種」製作委員会 (C) 石田スイ/集英社
クインケで戦う亜門鋼太朗(鈴木伸之) (C) 2017「東京喰種」製作委員会 (C) 石田スイ/集英社

 石田スイの人気漫画を原作に、人間を捕食する怪人・喰種(グール)と人間の戦いを描くバトルアクション『東京喰種 トーキョーグール』(7月29日公開)で、人間側の組織・CCG(喰種対策局)捜査官・亜門鋼太朗にふんする鈴木伸之が、身心ともに限界に挑んだ過酷なトレーニング秘話から反響を呼んだ「あなたのことはそれほど」(TBS系)でのブレイクを経ての変化までを語った。

亜門役の手助けになった意外なタイトル!

 鈴木が演じる亜門は、「この世界では、我々こそが正義、我々こそ倫理」をモットーに、喰種の駆逐に人生を捧げる男。鈴木はクランクイン前に原作を読み、アニメを観て役づくりに臨んだという。「物語はカネキの視点から描かれていますが、カネキが(半喰種化し)段々遠くに行ってしまう感覚もある。喰種、人間それぞれに正義があって、何を信じて、どこに自分たちが向かうべきなのかということを訴えかけてくる」と普遍的なテーマを強調する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >