2017/07/22 09:04

ウィル・スミス、Netflixと映画館は競合しない!強力なサポート体制に感服【コミコン2017】

Netflixへの思いを語ったウィル・スミス
Netflixへの思いを語ったウィル・スミス

 現地時間20日、ウィル・スミス主演のNetflixオリジナル映画『ブライト(原題) / Bright』のパネルディスカッションがアメリカ・サンディエゴで開催中のコミコン・インターナショナル内で行われ、ウィルが初タッグとなったNetflixについて思いを述べた。

 本作は、人間とオーク、エルフ、妖精たちが共に暮らす架空の現代が舞台のアクションスリラー。黒人警察官のワード(ウィル)とオークの警官ジャコビー(ジョエル・エドガートン)という、種族も性格も違うコンビが、危険な力を秘めたエルフの少女を保護し、彼女の力を狙う者たちから守るために手を取り合って戦う姿を描く。

 メガホンを取ったのは、『スーサイド・スクワッド』でもウィルとタッグを組んだデヴィッド・エアー監督。リアリティーあふれるアクションと暴力描写に定評のあるエアー監督なだけに、ファンタジー要素の強い本作に関心はなかったというが、エージェントに促されてマックス・ランディスが手がけた脚本を手に取り、一気に魅了されたという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >