2017/07/20 19:04

僧侶、大工…「過保護のカホコ」のコスプレに反響

加穂子の6変化!(写真は「過保護のカホコ」公式Instagramのスクリーンショット)
加穂子の6変化!(写真は「過保護のカホコ」公式Instagramのスクリーンショット)

 19日に放送された水曜ドラマ「過保護のカホコ」(日本テレビ系)の第2話で高畑充希演じるヒロイン・加穂子が僧侶、大工、宇宙飛行士などさまざまな職業のコスプレを披露する一幕があり、反響を呼んでいる。

 コスプレが登場したきっかけは、第1話で同じ大学に通う麦野(竹内涼真)に刺激を受け「人を幸せにする職業に就きたい」と覚醒した加穂子が、「わたしにしかできない職業」を考え出したことから。麦野に助言を求めたところ彼は「13歳のハローワーク」を読んで、かたっぱしから世の職業を把握することから始めることを提案。

 生真面目な加穂子は早速自宅で「13歳のハローワーク」を読みふけり、母親(黒木瞳)に自分に向いた職業を挙げていくがそのたびに「客室乗務員」(→英語ができない)「フラワーアレンジメント」(→アレルギーがある)など問題点が見つかっては消えていく。そこで登場するのがこのコスプレで、ドラマの公式Instagramではパティシエ、保育士、教師、宇宙飛行士、大工、僧侶と6パターンの写真が公開された。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >