2017/07/29 12:35

大泉洋、鈴木伸之とのビジュアル素材の違いにガッカリ…

悲しい話だ…
悲しい話だ…

 俳優の大泉洋が29日、都内で行われた映画『東京喰種 トーキョーグール』初日舞台あいさつに登壇し、共演者の鈴木伸之とのビジュアル素材の違いを痛感し、肩を落とした。イベントには、窪田正孝、桜田ひより、村井國夫、小笠原海、白石隼也、萩原健太郎監督も登場した。

 先日のジャパンプレミアでは、窪田に原作者の石田スイから、自身をモデルにした主人公カネキのイラストを贈られたが、この日は窪田以外の全キャストにイラストがサプライズプレゼントされることに。大泉はすでに1枚もらっているのだが「間抜けな顔」が気に入らないようで、新たに描いてもらったイラストを見ると、「ボケてないじゃなーい。もっと酷いのになると思って(話を)振ってたのに」とボヤキながらも「やべー、かっけー! 僕、今死んだら確実にこれ飾りますわ」と遺影にすることを宣言するほど大喜び。

 しかし、それ以上にうれしさを爆発させたのは鈴木で、イラストを見るなり「俺の絵が一番いいかも」とニンマリ。それぞれテイストが違い、甲乙つけられるものではないが、イケメンがベースともなると、やはり格好良さは言うに及ばず。すると大泉は「こう見ると、俺の(絵)見劣りしてきたなぁ」と嘆くと、「素の違いだな。石田先生のせいじゃないな……」と肩を落としながらも素直に現実を受け止める言葉を口にし、会場の笑いを誘った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >