2017/08/06 11:40

満島真之介、念力強すぎる!三浦貴大が引き寄せられた熱い思い

以前から共演を望んでいたという満島真之介&三浦貴大 写真:高野広美
以前から共演を望んでいたという満島真之介&三浦貴大 写真:高野広美

 沖縄戦を背景に若者たちの揺れ動く心情を描いた映画『STAR SAND −星砂物語−』で、反目し合いながらも深い絆で結ばれている弟と兄を演じた満島真之介と三浦貴大が、満島の熱すぎるラブコールを振り返った。

 本作は、『戦場のメリークリスマス』の助監督を務めたロジャー・パルヴァースが自身の小説を映画化した人間ドラマ。1945年の沖縄、戦火を逃れ小さな島で暮らす16歳の少女・洋海(織田梨沙)と、洞窟で暮らす日米の脱走兵・隆康(満島)とボブ(ブランドン・マクレランド)が交流を深めていくが、ある日怪我で除隊を余儀なくされた隆康の兄・一(三浦)が洞窟にやって来てから不穏な空気が流れる。

 沖縄出身の満島にとって、沖縄戦や、それによって傷を負った年配者の存在は、とても身近なもの。「沖縄の人がなぜ、明るく元気なのか。それは、戦争を体験した大きな哀しみから生まれる命の力。一生懸命生きているんだ! 命は宝だ! という強い想い。沖縄はリゾート地だけではない、戦地だったという現実を、忘れてはならない。自分自身も今一度感じていかなければと思っていたところだったので、この作品にとても運命を感じました」と感慨深げに語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >