2017/07/31 06:35

“ギルティ侍”玉城大志、「テラスハウス」の修羅場を釈明

第24話で修羅場に陥った玉城大志 (C)フジテレビ/イースト・エンタテインメント
第24話で修羅場に陥った玉城大志 (C)フジテレビ/イースト・エンタテインメント

 「テラスハウス」ハワイ編となる「TERRACE HOUSE ALOHA STATE」のメンバーで、“ギルティー侍”こと俳優の玉城大志(30)が、複数のメンバーに同時にアプローチした際の修羅場を振り返った。

 第10話で卒業したウクレレアーティストの鮎澤悠介(18)と入れ替わるかたちで入居した玉城。8月1日には第33話を迎えるが、これまでテラスハウスで起きた中で最も印象的な出来事を尋ねると、第24話でシェリーマリア澄川ラボエ(26)から、次々に女性メンバーをデートに誘っておきながら答えを出していないと問い詰められたことを挙げた。

 羽石杏奈(22)と丹羽仁希(20)とデートに行き、どちらが本当の「死ぬほどの恋」なのかと悩み、スタジオ内でYOU、山里亮太、徳井義実らスタジオメンバーの間で“ギルティー侍”のニックネームをつけられた玉城は、今でも「あの時どうすればよかったのか」「2人にどういう答えを出せばよかったのか」と思い返すことがあるという。「僕は『死ぬほどの恋をする』という目的で来ているので女性も身構えてしまうんじゃないかと。ただ、相手が僕のことを好きなのかわからないのに『もう君に気持ちはない』と伝えるのもおかしいと。もしも『わたしのことをどう思っているの?』と聞かれたら話せたと思うんですけど……」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >