2017/08/09 16:37

ジェレミー・レナー&エリザベス・オルセンがバディに!『最後の追跡』脚本家の初監督作

『アベンジャーズ』最新作ではもちろんホークアイを演じるジェレミー・レナー
『アベンジャーズ』最新作ではもちろんホークアイを演じるジェレミー・レナー

 映画『ボーダーライン』『最後の追跡』の脚本家として注目されたテイラー・シェリダンの初監督作『ウィンド・リバー(原題) / Wind River』について、エリザベス・オルセンとジェレミー・レナーが、8月2日(現地時間)ニューヨークのAOL開催イベントで語った。

 本作は、ワイオミング州のネイティブ・アメリカンの居留地で起きた殺人事件を新人FBIエージェントと地元のハンタートラッカーがタッグを組んで捜査していくクライムミステリー。野生動物を保護する組織「米国魚類野生生物局」で働くコリー(ジェレミー)は、ウィンド・リバーで凍りついた若い女性の遺体を発見する。現場には、新人FBIエージェントのジェーン(エリザベス)が捜査に送り込まれるが、従来のFBIの捜査上の権限がこの居留地では行使できず、さらに極寒の地での捜査が混乱を招いていく。

 主人公のコリーについてジェレミーは「ハンタートラッカーとは、野生の動物の食物やその蓄えを調べている人物のことなんだけど、彼はこの居留地で白人として唯一許されたハンタートラッカーであり、『米国魚類野生生物局』のエージェントとしてこの居留地で働いている人物なんだ。過去に悲劇を抱えていて、映画内でもその悲劇が後に明かされていくんだよ。映画の冒頭では、そんなコリーがアメリカライオンの足跡を追っていた際に死体を発見し、エリザベス演じるFBIエージェントのジェーンが来て、タッグを組んで殺人事件を解決していくんだ」と説明した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >