2017/08/05 08:15

実写『ジョジョ』主演・山崎賢人、スタンド掛け声の完成度に自信

演じる時には顔つきや角度まで考慮して 写真:高野広美
演じる時には顔つきや角度まで考慮して 写真:高野広美

 荒木飛呂彦の人気コミックを三池崇史監督が実写映画化した『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』で主要人物を演じた山崎賢人と伊勢谷友介が、キャラクターたちの独特のポーズなどで知られる原作の要素の“再現”について、撮影時のウラ話と共に明かした。

 独特のグラフィックセンス、奇抜な世界観、登場人物たちの特殊能力を具現化した「スタンド」の描写など、実写化するにはハードルが高いと言われていた「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ。主人公の高校生・東方仗助を演じた山崎は、「すごいプレッシャーでしたけど、原作を読んで仗助の人間性を自分の中で積み重ねていって、漫画の顔つきや角度まで考慮して演じました」と撮影を振り返る。

 さらに山崎は、原作独特のポーズを演技に取り入れることにも挑戦したとのこと。しかし、「ポーズを入れたテイクで一度はOKになったんですけど、外見の動きよりも中身を大事にしたほうが生きた“人”になると三池監督が判断されたんです」とそのテイクはカットになったことを告白。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >