2017/08/06 13:26

林明日香、手足が震えた収録 ポケモン映画の主題歌が“異例”だったワケ

エンドロールにもメッセージが詰まっている (C) Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C) Pokemon (C) 2017 ピカチュウプロジェクト
エンドロールにもメッセージが詰まっている (C) Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C) Pokemon (C) 2017 ピカチュウプロジェクト

 7月31日時点で観客動員146万人、興行収入17億円超えの大ヒットを飛ばしている、ポケモン映画20周年記念作品『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』だが、同作にはストーリー以外にもポケモン映画としては“異例”だったものがある。それは、林明日香が歌うエンディング主題歌「オラシオンのテーマ ~共に歩こう~」だ。ポケモン映画のエグゼクティブプロデューサーである岡本順哉と林が同曲の秘話について明かした。

 エンディング主題歌を林が歌うことが公表されたのは、7月2日に行われた完成披露試写会上映の直後。ポケモン映画第6作の『劇場版ポケットモンスター/アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ』で主題歌を担当した林が、第10作『劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ』の劇伴である楽曲「オラシオンのテーマ」に新たに歌詞をつけた歌を歌う。まさかの組み合わせにファンからは驚きの声が続出したが、当時の反響を振り返り岡本プロデューサーは「みなさんの予想をいい意味で裏切ることができてよかったです」と話す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >