2017/08/11 18:26

松本潤がオーラを消し、30代で見せた新境地

『ナラタージュ』撮影中の行定勲監督 (C) 2017「ナラタージュ」製作委員会
『ナラタージュ』撮影中の行定勲監督 (C) 2017「ナラタージュ」製作委員会

 島本理生の同名小説を主演に嵐・松本潤、ヒロインに有村架純を迎えて映画化する『ナラタージュ』(10月7日公開)の行定勲監督が、嵐としてのオーラを消して許されぬ恋に落ちる高校教師を演じ切った松本の演出秘話を明かした。それは、松本のチャームポイントでもある体の一部分を隠すところから始まった。

 「きみはペット」(2003)、「花より男子」シリーズ(2005・2007)、「失恋ショコラティエ」(2014)などのテレビドラマや『僕は妹に恋をする』(2006)、『陽だまりの彼女』(2013)などの映画で数多くのラブストーリーをこなしてきた松本だが、本作で演じたのは自分の感情を表に出さない不器用で弱い男、というこれまでにないキャラクター。高校時代に孤独だった生徒の泉(有村)を救ったことから親密になり、時を経て大学生になった泉と再会し、許されぬ恋に落ちる。顧問の演劇部の部員をはじめ生徒に真摯に向き合う優しい男だが、妻と離婚が成立していない事実を打ち明けられず、泉を傷つけてしまう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >