2017/08/12 13:38

クリストファー・ノーラン、『ダンケルク』を託した常連俳優への厚い信頼

ほぼコクピットの中にいるパイロット役でありながら、圧倒的な存在感を放つトム・ハーディ (C)2017 Warner Bros. All Rights Reserved.
ほぼコクピットの中にいるパイロット役でありながら、圧倒的な存在感を放つトム・ハーディ (C)2017 Warner Bros. All Rights Reserved.

 最新作『ダンケルク』の日本公開を控えるクリストファー・ノーラン監督が、本作で起用した無名の若手俳優たちを支える常連俳優への信頼と、彼らに託した役割を語った。

 ドイツ軍に包囲されたフランスの港町ダンケルクに取り残された若き兵士たちの決死の救出劇を、陸・海・空の3つの視点から描き出す本作。物語の中心を担うのは、本作に選ばれるまで皿洗いで生計を支えていた無名の新人フィオン・ホワイトヘッドや、ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズなど、数千人規模のオーディションで選ばれた映画初出演の俳優たちだ。

 若手の起用について監督は「観客が本当に若い新兵だと信じられる存在でなくてはならない。だから、30代の俳優を起用するようなことはせず、無名の役者を起用するのが正しいやり方だと思ったんです。彼らは過去の役を(この映画に)持ち込むこともない」と証言。その一方で、映画の重要なポイントにはケネス・ブラナー、マーク・ライランスといったベテラン俳優を起用し、圧巻の演技で映画によりリアリティーを与えている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >