2017/08/14 10:24

2017年上半期邦画1位は『コナン』!5年連続のシリーズ最高興収更新で強さ - 上半期邦画ランキング

『コナン』強すぎる! (C) 2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
『コナン』強すぎる! (C) 2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 2017年上半期(2016年冬~2017年6月公開作品)の邦画作品興行収入ベストテンが文化通信社より発表され、『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』がシリーズ最高記録となる68億7,000万円(以下、数字は一部推定)で上半期1位を獲得した。

 4月15日に初日を迎えた同作は、初日2日間で動員98万7,568人、興収12億8,692万8,000円という驚異的なロケットスタートで初登場ナンバーワンを獲得。その後も、10週連続でベストテン入りを果たし、シリーズ最高記録となる68億7,000万円をマークした。1997年から毎年4月に公開されてきた劇場版シリーズだが、近年の興収は右肩上がり。特に2013年公開の第17作『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』から今年の『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』までは、5年連続でシリーズ最高興収を更新するという強さを見せている。

 また、2位の『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』も、新シリーズ最高興収だった前作『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』(最終興収41億2,000万円)を超えてシリーズ最高興収を記録(2014年の『STAND BY ME ドラえもん』は除く)。2年連続で最高興収をマークするなど、世代を超えて愛される「ドラえもん」の人気の高さがうかがい知れた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >