2017/08/14 18:35

1200年続く“悪魔祓い”世界初公開…衝撃すぎる儀式内容

悪魔祓いの様子が明らかに… (C) MIR Cinematografica - Opera Films 2016
悪魔祓いの様子が明らかに… (C) MIR Cinematografica - Opera Films 2016

 世界で初めて“悪魔祓い”の現場を公開し、話題を呼んだドキュメンタリー映画『悪魔祓い、聖なる儀式』が11月より日本公開されることが明らかになった。併せて、神父が悪魔祓いをするショッキングな様子を収めた予告編も公開された。

 1973年の大ヒット映画『エクソシスト』でおなじみの悪魔祓い師は、映画の中だけの存在ではなかった。悪魔に憑りつかれた者を助ける神父は、現代においても存在し、日夜膨らむ“悪魔祓い”の需要への対応に追われていたのだ。本作は、イタリア・シチリア島の有名なエクソシストであるカルド神父に密着し、これまで外部に開かれることのなかった秘儀“悪魔祓い”の現場に初潜入し、人間と悪魔の臨場感あふれるせめぎ合いを目撃する。

 公開された予告編では、教会でイスに座る男性が、神父に頭を触られると、突如として何かが憑依したかのように喚き叫ぶという、衝撃のシーンで始まる。そして場面は変わり、教会に集まった人々を前に、神父は「ここには憑依された人々もいます。でもそれに驚かずに座っていて下さい。そして誰かに兆候が現れたら祈り続けてください」とただならぬ説明。すると、その静粛な場にもがき苦しむような叫び声が響きわたる。現代医療が効かず、“悪魔祓い”の儀式を求めて、殺到する人々たち。彼らに迫るにつれ、現代社会が抱える闇も明らかになっていくのだった。メガホンを取ったのは、スペイン人監督ホセ・ルイス・ゲリンの『工事中』の脚本家助手などを務めたイタリアの新鋭監督フェデリカ・ディ・ジャコモ。(編集部・石神恵美子)

映画『悪魔祓い、聖なる儀式』11月より渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

【関連情報】
叫び声をあげる人々の姿も…『悪魔祓い、聖なる儀式』予告編
日本刀で頭部切断し母親殺害「アグリー・ベティ」出演俳優、「神のお告げに従って母を切り刻み続けた」と衝撃告白!!
モーガン・フリーマンの孫娘、刺殺事件 恋人が殺人罪で起訴…悪魔払いの儀式だった?
怖っ!『悪魔のいけにえ』レザーフェイス、少年時代描く新作のポスター公開
看守役/囚人役に分かれた実験がエスカレート…エズラ・ミラー主演の人格破壊映画7月公開
現代風「エクソシスト」新たな幕開け!「コード・ブラック」も新シーズンへ

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >