2017/08/20 17:42

『デスノート』海外版は原作とは“別の何か”!?主演俳優が語る

アップルもってます!“ハリウッド版ライト”
アップルもってます!“ハリウッド版ライト”

 日本のコミック「DEATH NOTE」をハリウッドで実写化したNetflixオリジナル映画『Death Note/デスノート』が25日から配信を開始する。日本でも映画やドラマが製作された人気コンテンツの海外版で主役を務めた俳優のナット・ウルフが昨年、メディアに公開された撮影現場でインタビューに応じ、「ある時点で僕らは(原作とは)別の何かを作っているように感じた」と話す本作について語った。

 『ハッピーエンドが書けるまで』『きっと、星のせいじゃない。』など数多くの作品で重要な役どころを担ってきたナットは、ハリウッドで注目を浴びる若手俳優の一人。今作でナットは、書き込んだ名前の人間に死をもたらすことができるデスノートを手にし、悪人を葬り去る闇の存在となっていく主人公ライト・ターナーを演じている。

 普段は黒に近い髪色のナットだが、撮影の合間でインタビューに応じた彼の髪は、少し黒髪を残して金色に染められていた。ナットはその理由について「映画の舞台がシアトルだからだよ。(ライトくらいの)若者がよくしている髪型なんだ」と語り、ノートに名前を書かれた人が死ぬという設定の作品が、よりリアルに、より身近に感じるためのヘアスタイルだと説明した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >