2017/08/23 23:44

降板じゃなかった!「クワンティコ」俳優レギュラーに!

ハリー・ドイル役のラッセル・トヴェイ(右) - 「クワンティコ/FBIアカデミーの真実」シーズン2より Giovanni Rufino / ABC via Getty Images
ハリー・ドイル役のラッセル・トヴェイ(右) - 「クワンティコ/FBIアカデミーの真実」シーズン2より Giovanni Rufino / ABC via Getty Images

 米サスペンスドラマ「クワンティコ/FBIアカデミーの真実」の第2シーズンからキャスト入りしていたラッセル・トヴェイが、第3シーズンのレギュラーに加わると The Hollywood Repoter などが報じた。

 ラッセルふんするハリー・ドイルはMI-6と関わりを持つ謎のキャラクターとして登場したが、頭に銃を突きつけられているシーンを最後に説明なくいなくなっていた。理由はスケジュール的なもので、ラッセルがイギリスで舞台「エンジェルス・イン・アメリカ」に出演するためだったらしい。「彼は番組がとても気に入り、僕らも彼が大好きだった。実際、予定よりも長く出演してくれたんだ。また戻ってくる可能性がないわけじゃない」と当時のショーランナー、ジョシュア・サフランはTVLineに語っていた。

 第3シーズンに戻ってくるハリーは、トーマス・クラウン(映画『華麗なる賭け』『トーマス・クラウン・アフェアー』の主人公)と大人になったアートフル・ドジャー(チャールズ・ディケンズ著「オリバー・ツイスト」に出てくる少年)の要素を持ち合わせたような人物だそう。相手を誘惑しながら、スリも行うようなキャラだと説明されている。(澤田理沙)

【関連情報】
【ほか写真】「クワンティコ/FBIアカデミーの真実」
ろうあのオスカー女優「クワンティコ」出演
「HAWAII FIVE-0」チン俳優、降板は揺るぎない自尊心を保つため
「ワンス・アポン・ア・タイム」新シーズン、悪い女王はレジーナから別のキャラに
パリス・ジャクソン、女優デビュー作「STAR 夢の代償」に再出演
「ドクターX」田中圭&段田安則、5年ぶりレギュラー復帰!「御意」練習中

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >