2017/08/27 15:19

ノルウェー最悪の惨事…連続テロ事件をポール・グリーングラス監督が映画化

2011年7月22日オスロ市中心部で撮影された写真 Andreas Fadum / All Over Press Norway / Getty Images
2011年7月22日オスロ市中心部で撮影された写真 Andreas Fadum / All Over Press Norway / Getty Images

 映画『ボーン』シリーズのポール・グリーングラス監督が、世界を震撼(しんかん)させたノルウェーの連続テロ事件をNetflixの下で映画化するとDeadlineが報じた。

 2011年7月22日に、ノルウェーの首都オスロ政府庁舎爆破事件とウトヤ島乱射事件が連続で発生。両事件で77人が亡くなり、第2次世界大戦以降のノルウェーで最悪の惨事となった。この事件を、北アイルランドの血の日曜日事件を題材にした『ブラディ・サンデー』や、米同時多発テロでハイジャックされたユナイテッド93便を扱った『ユナイテッド93』などで、これまでも実際に起きた事件を映画化してきたグリーングラス監督が描く。

 製作は、『スティーブ・ジョブズ』のスコット・ルーディン、『キャプテン・フィリップス』のグレゴリー・グッドマンとイーライ・ブッシュなどが担当。グリーングラス監督は脚本も執筆するようだ。予算はおよそ2,000万ドル(約22億円、1ドル110円計算)。撮影は今秋からノルウェーで、ローカルの俳優を雇って行う予定。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

【関連情報】
【写真】ポール・グリーングラス監督(左)
クリント・イーストウッド新作、実話ものでまさかの本人たちを一挙キャスティング!
余命宣告を受けた大林宣彦監督の戦争映画が12・16公開
チャーリー・シーン復帰作!9.11同時多発テロ映画、日米ほぼ同時公開へ
『コードネーム U.N.C.L.E.』続編は執筆中!ファンの熱意にアーミー・ハマーが動いた!
第74回ベネチア国際映画祭コンペティション部門21作品紹介

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >