2017/08/24 08:15

「攻殻機動隊」アニメと実写の融合…公式マッシュアップ映像を辻本貴則が制作

『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』シーンカット (C)2017 Paramount Pictures and StorytellDistribution Co., LLC. AllRights Reserved.(C)1995 士郎正宗/講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT
『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』シーンカット (C)2017 Paramount Pictures and StorytellDistribution Co., LLC. AllRights Reserved.(C)1995 士郎正宗/講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT

 士郎正宗のSF漫画「攻殻機動隊」を原作とする、アニメ映画『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』と実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の映像を、アニメ版監督・押井守と共に『THE NEXT GENERATION パトレイバー』の監督も務めた辻本貴則がマッシュアップ。映像では、実写とアニメが融合した「攻殻機動隊」の世界が広がっている。

 本映像は、スカーレット・ヨハンソン主演で製作された『ゴースト・イン・ザ・シェル』のブルーレイ&DVD発売記念で制作されたもの。アニメ版『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』の象徴的なシーンと重なる実写『ゴースト・イン・ザ・シェル』の映像が、シンクロしながら展開していく。

 『ゴースト・イン・ザ・シェル』では、オリジナル作品の草薙素子に相当する主人公の少佐役をスカーレットが担当。アニメ版を手掛けた押井は「生身の人間が義体を演じるとあの表情になるのかと、スカーレットの演技にただただ驚かされた」とコメント。また「さすがハリウッド、どのシーンも隙がない。映像のディティールの表現に注目してもらえばいいと思う」とも明かしていた。(編集部・井本早紀)

『ゴースト・イン・ザ・シェル』ブルーレイ&DVDは発売中(発売・販売元:NBC ユニバーサル・エンターテイメント)

【関連情報】
『ゴースト・イン・ザ・シェル』公式サイト
【動画】『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』×『ゴースト・イン・ザ・シェル』マッシュアップ映像
「攻殻機動隊」新作アニメが制作決定 神山健治&荒牧伸志のW監督
「攻殻」バトー役で追求した演技 ハリウッド版俳優が語る容姿だけじゃない難しさ
漫画家とつねに戦い?押井守監督、原作者との悩ましい関係を振り返る
『ゴースト・イン・ザ・シェル』スカーレット・ヨハンソン 単独インタビュー

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >