2017/08/24 22:48

ハリウッド版『デスノート』、全て原作者チェック済み

左からレイキース・スタンフィールド(L役)、ナット・ウルフ(ライト役)、マーガレット・クアリー
左からレイキース・スタンフィールド(L役)、ナット・ウルフ(ライト役)、マーガレット・クアリー

 Netflixオリジナル映画『Death Note/デスノート』ジャパンプレミアが24日、都内で行われ、アダム・ウィンガード監督、ナット・ウルフ、レイキース・スタンフィールド、マーガレット・クアリー、マシ・オカ(プロデューサー)が登壇し、本作に携われた喜びを興奮気味に語った。この日は、田中卓志(アンガールズ)、ベイビーレイズJAPANもスペシャルゲストとして登場した。

 人気コミック「DEATH NOTE」(大場つぐみ原作、小畑健作画)をハリウッドで実写化した本作では、死神リューク(ウィレム・デフォー)が落としたノートを駆使し、悪人を葬り去る闇の存在となったライト・ターナー(ナット)の運命が、謎の名探偵・L(レイキース)と1人の同級生(マーガレット)により大きく変わっていくさまが描かれる。

 約40分にわたるレッドカーペットイベントを終えて舞台あいさつに立った一同は、日本のファンの熱烈な歓迎を受けてご機嫌。ウィンガード監督は大ジャンプを披露する浮かれようで、「自分にとって様々なことを探究できる素晴らしい作品でした。ハリウッド版ということで大作として作れることにも喜びを感じました」と笑顔。本作のリュークについては「今までにない形で命を吹き込みたかった」と説明した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >