2017/09/10 13:24

『新感染』あのセリフはアドリブだった!来日したヨン・サンホ監督が明かす

あのシーンはアドリブ!夫婦を演じたマ・ドンソク&チョン・ユミ (C) 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.
あのシーンはアドリブ!夫婦を演じたマ・ドンソク&チョン・ユミ (C) 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

 韓国のノンストップサバイバルアクション『新感染 ファイナル・エクスプレス』(全国公開中)でメガホンを取ったヨン・サンホ監督が来日し、俳優のアドリブシーンについて明かした。(※以下、ネタバレあり)

 本作は高速鉄道の乗客が謎のウイルスに感染して次々と狂暴化していくなかで、幼い娘スアンを連れたソグ(コン・ユ)や、屈強な中年男性・サンファ(マ・ドンソク)と妊娠中の妻・ソンギョン(チョン・ユミ)ら乗客たちが決死のサバイバルを繰り広げるさまを描いた作品。

 これまでアニメーション界で活躍していたヨン・サンホ監督にとって、本作は実写映画監督デビュー作となる。俳優陣による予想外のアドリブは実写ならではの楽しみだが、本作の俳優陣も多数のアドリブを繰り広げたそうで、中でもマ・ドンソクがたくさんのアドリブを披露したという。

 全編を通してハラハラしっぱなしの展開が続く中で、マ・ドンソクのユーモアは作品に程よい緩急を利かせる重要な役割を担っている。その中でも印象的なあるセリフは、なんと彼のアドリブから生まれた。「マ・ドンソクさんとチョン・ユミさんが車両に乗っていて、子役のスアンがチョン・ユミさんのおなかを触る時のシーンで、赤ん坊が動くの感じたスアンに、マ・ドンソクさんが『俺が作ったんだ』というセリフです」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >