2017/09/02 16:33

やっと会えたね…監督のストーカー発言にウエンツ苦笑!?

ウエンツ瑛士
ウエンツ瑛士

 俳優でタレントのウエンツ瑛士が2日、都内で行われた映画『禅と骨』初日舞台あいさつに出席し、中村高寛監督のストーカー発言に苦笑いした。この日は、余貴美子、佐野史郎、チャド・マレーンも来場した。

 ドキュメンタリー映画『ヨコハマメリー』の中村監督が11年ぶり、8年の歳月を費やして完成させた本作は、アメリカ人の父と新橋の芸者だった母の間に生まれた京都・天龍寺の禅僧へンリ・ミトワ氏にカメラが迫るドキュメンタリー。アニメや再現ドラマを交え、童謡「赤い靴」の映画化に情熱を燃やしたヘンリさんの人生を描く。

 ヘンリさんの青年時代を演じたウエンツをはじめ、キャスティングは中村監督の希望通りだそうで、「この人に出てもらいたいとラブコールを送ったら快諾してくれました。だからこそ、この映画ができた」と自信をのぞかせる。特にヘンリ役は「ウエンツさんしかいないと思っていたので、初めて会ったときに心の中で『やっと会えたね……』とほぼストーカーに近い状態でした」と打ち明けて会場を沸かせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >