2017/09/01 20:41

『パンズ・ラビリンス』ぶりの傑作?ギレルモ・デル・トロ最新ダークファンタジーが現代に必要なワケ!【第74回ベネチア国際映画祭】

ベネチアにやってきたデル・トロ監督! (C)La Biennale di Venezia
ベネチアにやってきたデル・トロ監督! (C)La Biennale di Venezia

 ギレルモ・デル・トロ監督の最新作『ザ・シェイプ・オブ・ウォーター(原題) / The Shape of Water』が現地時間31日、第74回ベネチア国際映画祭にてワールドプレミア上映され、賞賛を浴びている。また同日行われた記者会見には、デル・トロ監督&キャストらがそろって出席し、ヒロインと水生クリーチャーのラブストーリーが現代に必要なワケを語った。

 『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』などを手がけてきたメキシコの鬼才デル・トロ監督がつづる大人向けダークファンタジー。冷戦中のアメリカを舞台に、声を発することができないエリサ(サリー・ホーキンス)は、政府の極秘研究機関で清掃員として働いていたが、水生クリーチャーと恋に落ち、それまでの世界が一変していくさまを緻密につくりこまれた映像美で描き出す。

 今年のベネチア国際映画祭の目玉作品の一つともされていた本作は上映されるや、好感触。デル・トロ監督が記者会見に登場すると、拍手喝采が響き渡り、司会者が止めるまで続いていたほどだった。「ファンタジーはとても政治的なジャンルだと思う」と持論を述べるデル・トロ監督は、エリサと水生クリーチャーの“種族”を超えたラブストーリーが1962年の設定ながらも、とても現代的な作品になっていることについて、「アメリカ人が“Making America Great Again(アメリカの選挙スローガンで近年ではトランプ大統領が使用)”と言う時には、彼らはその時代を夢見ていると思う。(1962年は)アメリカが未来を信じている時代だった。そんな時代でも人種差別や階級差別があって、それは現代で直面している問題と同じ」と指摘。「僕はメキシコ人だから、他人として見られることをどう感じるかを知っている」とエリサや水生クリーチャーに向けられるまなざしには、デル・トロ監督の体験も反映されていることをうかがわせつつ、「現代人が抱えている問題というのは、愛よりも恐怖を選んでしまっていることで、それは災難だと思う。愛は宇宙において最強の力を持っている。ビートルズもイエス・キリストも間違っているはずがないからね」とジョークを交えつつ、本作の意義を語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >