2017/09/02 20:15

『ダイ・ハード2』『ディープ・ブルー』名シーン誕生の裏側にあった監督のこだわり

また大作にカムバック! レニー・ハーリン監督
また大作にカムバック! レニー・ハーリン監督

 映画『ダイ・ハード2』『クリフハンガー』『ディープ・ブルー』などで知られ、この度ジャッキー・チェン主演最新作『スキップ・トレース』(全国公開中)を引っ提げて来日した レニー・ハーリン監督が、アクションに対するこだわりと、過去に手掛けたインパクト絶大な名シーンの裏側を語った。

 ハリウッドを代表するヒットメーカーとして数々の大作を手掛けてきたハーリン監督。奇抜なアイデアから生み出された奇想天外なアクションシーンの数々は、常に観客の度肝を抜いてきた。

 ジャッキーとのタッグ作『スキップ・トレース』には、過去のハーリン映画を思い出す要素が満載。「過去のジャッキー映画と、自分が昔やって楽しかったと思う要素を盛り込んだ。建物が次々に崩壊していく冒頭のアクションは『ポリス・ストーリー/香港国際警察』と(1995年に発表した)『カットスロート・アイランド』を合わせたシーンになっていたりする」。

 いかにして観客の記憶に残るアクションを生み出してきたのか? ハーリン監督は「長年の経験で学んだのは、ヒーローを絶体絶命の状況に追い込んだうえで、誰も考えつかないような、それでいて観客が『ああ、それならできるかも!』って思う方法で脱出させることだ」と語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >