2017/09/05 10:10

國村隼・安藤政信・門脇麦、英語セリフ披露!海外合作映画『KOKORO』予告編

海外監督の切り取った日本の表情にも注目映画『KOKORO』 (C) Need Productions/Blue Monday Productions
海外監督の切り取った日本の表情にも注目映画『KOKORO』 (C) Need Productions/Blue Monday Productions

 國村隼、安藤政信、門脇麦が出演するベルギー・フランス・カナダ合作映画『KOKORO』から、3人が英語セリフを披露するシーンを収めた予告編が公開された。

 自殺を決心した人々が訪れる断崖がある、日本の海辺の村。夫と子供2人とフランスで暮らす主人公アリスは、その場所で「生きる意欲を見つけた」と自分に伝えた数日後、事故でこの世を去った弟の足跡を追うように村を訪れる。そこで出会ったのは、自殺に来た人々をそっと思いとどまらせている元警察官ダイスケ(國村)。静かに傷をいやすことのできるその村の安らぎ、そして村で出会ったダイスケをはじめとする人々との交流が、彼女の心に変化をもたらしてゆく。

 メガホンを取ったのは、ベルギーの女性監督ヴァンニャ・ダルカンタラ。アリスを演じるのは、映画『奇跡のひと マリーとマルグリット』などで知られるフランス人女優のイザベル・カレ。安藤はアリスが出会う地元住人ジロウを、門脇は好奇心旺盛な女子高生ヒロミを演じている。

 予告編では、國村をはじめとする、3人の堂々とした英語の演技に注目。目を奪われるような、外国人監督の視点で切り取られた日本の美しく険しい自然も見どころとなりそうだ。(編集部・入倉功一)

映画『KOKORO』は11月4日よりユーロスペースほか全国順次公開

【関連情報】
映画『KOKORO』オフィシャルサイト
【動画】美しい日本の風景にも注目『KOKORO』予告編
オーバー50俳優、なぜ韓国で活躍?日本人ならではの魅力とは
韓国で快挙!国際俳優・國村隼、海外で活躍する秘訣とは?
日本人になった理由!鬼才ナ・ホンジン監督『哭声』“よそ者”を語る
門脇麦、ドS監督の演出スタイルに「幸せ」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >