2017/09/08 15:38

監督の両親は元神父と修道女!恋に落ちた神父の葛藤を描いた話題作とは

本作ではプロデューサーも務めた主演のザカリー・スパイサー
本作ではプロデューサーも務めた主演のザカリー・スパイサー

 神父の信仰と愛を問うた話題作『ザ・グッド・カトリック(原題) / The Good Catholic』について、俳優のザカリー・スパイサーとジョン・C・マッギンレー、ポール・ショルバーグ監督が、9月6日(現地時間)ニューヨークのAOL開催イベントで語った。

 父親を1年前に失い精神的に不安定な若き神父ダニエル(ザカリー)は、保守的な年配の神父ヴィクター(ダニー・グローヴァー)と自由な精神の神父オリー(ジョン)らと平凡な日々を過ごしていた。ある日、教会で歌手のジェーン(レン・シュミット)に死期が近いことを告白され、神父として人道的に彼女に接していたダニエルだが、いつしか表現できない葛藤に悩まされていく。サンタバーバラ国際映画祭で最優秀長編作品に選ばれた。

 父親は神父、母親は修道女だったというショルバーグ監督。教会で出会って恋に落ちた二人は(監督を含めた)3人の子供に恵まれたそうだ。そんな自伝的な要素が感じられる今作について「両親の大まかな話に基づいているね。他の人にはクレイジーなストーリーに聞こえるかもしれないけれど、そうやって(人が恋に落ちて)子供が生まれることもある。神父や修道女であってもノーマルだよ(笑)」と答え、父親にとって重要である信仰の意味を探索することにしたと語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >