2017/09/12 04:00

関ジャニ∞丸山隆平、爆笑演技を披露!単独初主演作予告編公開

中央の銅像「タマとミキ」が物語のポイントに! (C) 2017「泥棒役者」製作委員会
中央の銅像「タマとミキ」が物語のポイントに! (C) 2017「泥棒役者」製作委員会

 関ジャニ∞・丸山隆平の単独初主演、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」などの脚本を手掛けた西田征史の長編監督第2作『泥棒役者』(11月18日公開)の予告編が公開。盗みに入った豪邸で、編集者→豪邸の主人→作家と一人で何役も演じ分けるハメになる主人公にふんした丸山の芸達者ぶりが一部お目見えとなった。

 本作は、西田が作・演出を担当した舞台を自ら映画化。丸山演じる元泥棒の主人公・大貫が、盗みに入った豪邸で出会った人々の勘違いと、自身のウソの積み重ねにより収拾のつかない事態になっていくさまを描くコメディー。

 公開となった予告編は、今はかたぎになった大貫が同棲中の恋人・美沙(高畑充希)と幸せに暮らす中、街で昔の泥棒仲間・畠山(宮川大輔)とバッタリ出くわす災難からスタート。「泥棒だった過去をバラす」と脅され、大貫が泣く泣くとある豪邸に盗みに入ったところ、間が悪く家主の絵本作家・前園俊太郎(市村正親)、編集者・奥(石橋杏奈)、セールスマン・轟(ユースケ・サンタマリア)、隣人・高梨(片桐仁)と複数の人々と鉢合わせし、そのたびに編集者→豪邸のご主人様→作家と身分を偽っていくさまが。
 
 もじゃもじゃヘアのキョーレツな風貌で、悪事の片棒を担がされる青年・大貫にふんした丸山。2013年に長瀬智也と共演したテレビドラマ「泣くな、はらちゃん」(日本テレビ・よみうりテレビ)でも人畜無害な典型的な「イイ人」キャラを好演した丸山だが、本作でも気の弱い受難の青年がハマり役。“役者”のごとく、一人で何役も“演じ分けて”自分の首を絞めていくさまが笑いを誘う。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >