2017/09/14 23:28

『スクール・オブ・ロック』脚本家、自身の父に捧げた監督作とは

『スクール・オブ・ロック』など脚本家として活躍しているマイク・ホワイト監督
『スクール・オブ・ロック』など脚本家として活躍しているマイク・ホワイト監督

 ベン・スティラー主演最新作『ブラッズ・ステイタス(原題) / Brad’s Status』について、マイク・ホワイト監督が9月11日(現地時間)ニューヨークのAOL開催イベントで語った。

 本作は、映画『スクール・オブ・ロック』の脚本家マイク・ホワイトが脚本兼監督を務めたコメディー。非営利団体で長年働き、妻と息子と共に幸せな家庭を築いてきたブラッド(ベン)は、さまざまな世界で大成功を収めている学生時代の旧友たちの薔薇色の人生をうらやんでいた。ある日、大学進学を控える息子トロイ(オースティン・エイブラムズ)のために東海岸の大学見学に同行したことから、自身の人生を見つめ直していく。

 今作のアイデアが生まれた経緯をホワイト監督は「他から見たら自分は良い人生なのかもしれないが、ベッドに横たわり『世界は自分を愛してくれているか』と考える瞬間はあると思うんだ。隣の芝生は青く見えるからね。今はInstagramなどがあるから、収集した情報を共有し、『また、彼は休暇を取っている!』なんてねたみの対象にしたり、他人との比較による不安に対処したりする。また、人の成功に対してクールに対応できない自分がいたりもするよね。でも、そんな感情を隠すことなく、向き合ってみようと考えたのがきっかけさ」と説明した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >