2017/09/14 10:00

愛は心の在り方…世界三大映画祭制覇の奇才がつむぐ壮大な逃避行劇

愛の逃避行劇がたどるエンディングに鳥肌! (C) 2016 LOVE AND WAR LLC
愛の逃避行劇がたどるエンディングに鳥肌! (C) 2016 LOVE AND WAR LLC

 映画『アンダーグラウンド』でカンヌ国際映画祭の最高賞・パルムドールに輝くなど、世界三大映画祭を制覇しているエミール・クストリッツァ監督が、9年ぶりとなる新作映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』に込めた想いなどについて語った。

 監督自らが主演を務め、イタリアを代表する女優モニカ・ベルッチをヒロインに迎えた本作。戦争中のとある村で、心優しい男コスタ(クストリッツァ)は前線の兵士たちにミルクを届ける仕事をしていたが、謎めいた女性(モニカ)と出会い、情熱的な愛ゆえに危険な冒険に身を投じていく……。

 実に9年ぶりとなった新作では、監督のはじめてづくしだ。「初めてデジタルで撮影した映画なんだ。CGI(Computer Generated Imagery)のほうが簡単だと思って飛び込んだけど、実際にはCGIのほうが難しかった」と話しだすクストリッツァ監督。「制作に3年かかった。そのうち2年はCGIに費やしたと思う」と渋めの表情。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >