2017/09/18 09:08

妻夫木聡&水原希子、恋愛における男女差について語り尽くす!

すっかり意気投合した様子の妻夫木&水原 写真:尾鷲陽介
すっかり意気投合した様子の妻夫木&水原 写真:尾鷲陽介

 『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』という長~いタイトルが印象的な映画で共演した妻夫木聡と水原希子が、恋愛における男女の違いについて語った。

 この映画は渋谷直角による原作漫画を、『モテキ』『バクマン。』の大根仁監督が実写映画化したもの。妻夫木は超絶キュートな魔性の女あかりに振り回されてヘロヘロになるコーロキを演じているが、「そういうときもあるよね、って思います」と大人の男としての余裕を漂わせる。一方の水原が女性目線で「あかりちゃんはそのときどきで、目の前の人に本気で恋をしてるだけ」と語ると、妻夫木は「そんなの理解……できませんよ! もしあかりのようにあちこちで“お前だけだよ”と言う男がいたとしたら、それはやましさを抱えながら言ってますよね。女子のようにスッキリとはいかないんですよ。でも、だから“女々しい”という言葉が生まれるんでしょうね。それは男にだけ使われるものですし」と改めて恋愛における男女の違いを実感した様子。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >