2017/09/16 08:15

リンジー・ローハンらに米当局が「ステマ」追及、セレブ21人調査

9月13日、米連邦取引員会は、スーパーモデルのナオミ・キャンベルさんや女優のリンジー・ローハンさん(写真)ら有名人21人に対して、写真共有アプリのインスタグラムにおける商品掲載で、何らかの報酬を得た事実がないかどうか問い合わせる書簡を送った。仏アンティーブで5月撮影 (2017年 ロイター/Stephane Mahe)
9月13日、米連邦取引員会は、スーパーモデルのナオミ・キャンベルさんや女優のリンジー・ローハンさん(写真)ら有名人21人に対して、写真共有アプリのインスタグラムにおける商品掲載で、何らかの報酬を得た事実がないかどうか問い合わせる書簡を送った。仏アンティーブで5月撮影 (2017年 ロイター/Stephane Mahe)

 [サンフランシスコ/ワシントン 13日 ロイター] - 米連邦取引員会(FTC)は、スーパーモデルのナオミ・キャンベルさんや女優のリンジー・ローハンさんら有名人21人に対して、写真共有アプリのインスタグラムにおける商品掲載で、何らかの報酬を得た事実がないかどうか問い合わせる書簡を送った。

 フェイスブック<FB.O>傘下のインスタグラムでは近年、有名人が宣伝行為だと明言せずに特定の商品やサービスを評価する、いわゆるステルスマーケティング(ステマ)が急増。ソーシャルメディア上に多数のフォロワーを抱えるこうした「インフルエンサー」の行動に当局が強い関心を寄せていることが分かる。

 書簡は6日付で、有名人が好意的に紹介した商品やサービスの販売元と「実質的なつながり」があったかどうか30日までに回答するよう求めている。

 FTCは5月にも企業や有名人宛てに、ソーシャルメディア上で報酬を得て宣伝をしていることをきちんとフォロワーに伝えるよう通知した。ただ当時は啓発的な性格だったが、今回は警告の意味合いがあり、今後もステマを繰り返す人には制裁金を科す可能性もある。

【関連情報】
【写真】若い!リンジー・ローハンの代表作
後藤真希の弟・祐樹、15年ぶりに番組出演!引退後初の収録で波瀾万丈の人生語る
橋爪功、息子の逮捕に親としての願い告白「自らの責任で」
『マッドマックス』トム・ハーディ、泥棒を爆走追跡の末に逮捕
逮捕続きのシャイア・ラブーフ『インディ・ジョーンズ』第5弾に出番ナシ
菜々緒、ムカツク・迷惑・不愉快とバッサリ!その姿勢に称賛相次ぐ

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >