2017/09/16 07:15

ジェニファー・ローレンス、アロノフスキー監督とはもう組みたくない【 第42回トロント国際映画祭】

会見に出席したジェニファー・ローレンス Photo by George Pimentel WireImage TIFF
会見に出席したジェニファー・ローレンス Photo by George Pimentel WireImage TIFF

 現地時間10日、第42回トロント国際映画祭でジェニファー・ローレンス主演サイコスリラー『マザー!』の会見が行われ、メガホンを取ったダーレン・アロノフスキー監督(『ブラック・スワン』)がジェニファーはもう自分とは組みたくないと言っていると明かした。

 詩人の夫(ハビエル・バルデム)が他人を次々と家に招き入れ出し、不安と恐怖にさいなまれる若妻(ジェニファー)の姿を描く本作。帰る気配のない訪問者の行動はどんどんエスカレートし、彼女が妊娠してからは完全なカオス状態に……。第74回ベネチア国際映画祭でお披露目されて物議を醸した問題作だ。

 本作がきっかけで交際中のジェニファーとアロノフスキー監督。次回タッグを組むならどんなジャンルがいい? と聞かれた監督は「彼女は二度と僕とは組みたくないと言っていたよ」と打ち明けて笑いを誘う。ジェニファーは「それは、この映画から回復していた時に言ったことだから」と精神的にきつい仕事だったからこその発言だったと釈明すると、「コメディーがいいんじゃない? あなたのコメディーが観たいわ」と提案。アロノフスキー監督は「実際、この映画にはたくさんのユーモアがある。興味深かったのは、イギリス人に笑えたと言われたこと。彼らはこの映画はコメディーだと言っていたよ」と笑顔を見せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >