2017/09/22 14:45

第69回エミー賞は女性が勝利した年!反トランプ旋風吹き荒れる【厳選!ハマる海外ドラマ】

ニコール・キッドマン&リース・ウィザースプーンが出演のほかプロデューサーとしても名を連ねた「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」が、リミテッドシリーズ作品賞を受賞 (C)Television Academy
ニコール・キッドマン&リース・ウィザースプーンが出演のほかプロデューサーとしても名を連ねた「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」が、リミテッドシリーズ作品賞を受賞 (C)Television Academy

 テレビ界のアカデミー賞と言われる第69回プライムタイム・エミー賞授賞式が、現地時間9月17日にロサンゼルスのダウンタウンにあるマイクロソフト・シアターで開催された。フィクション部門では、Huluのオリジナルシリーズ「ザ・ハンドメイズ・テイル(原題) / The Handmaid's Tale」と、HBOの「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」が最多8部門のタイ記録。また、NBCの老舗のバラエティー番組「サタデー・ナイト・ライブ」が9部門に輝いた。

 司会を務めたのは人気コメディアンで俳優のスティーヴン・コルベア。自身が司会のトーク番組などでトランプ政権の批判を続けているコルベアとあって、事前の予想通りにオープニングのモノローグではトランプ大統領をネタにしたジャブを繰り出して会場を沸かせた。リアリティー番組「アプレンティス」(NBC)で絶大な人気を得たトランプを揶揄して、「トランプにエミー賞をあげていれば大統領になっていなかっただろう。でも、大統領と違ってエミー賞は人気がある人がもらうもの」とのっけから絶好調。さらに、「サタデー・ナイト・ライブ」でメリッサ・マッカーシーのモノマネが大好評を博した元ホワイトハウス報道官ショーン・スパイサー本人が登場するというサプライズも。スパイサーのユーモアのあるスピーチには笑いも起きたが、授賞式後には記者やセレブがツイッターなどで「笑えない」「恥ずべき行為」と非難する声も多く物議を醸している。もっとも、コルベアの司会ぶりは安定感があり、「ウエストワールド」(HBO)風のコントや「クレイジー・エックス・カールフレンド」(CW)のレイチェル・ブルームが得意のダンス&ソングを披露するなど、全体としてはウイットに富みスムーズで好評だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >