2017/09/27 23:28

エマ・ストーン主演最新作、伝説の女子テニス選手の驚きの三角関係とは

左からオースティン・ストウェル、アンドレア・ライズブロー、ビリー・ジーン・キング
左からオースティン・ストウェル、アンドレア・ライズブロー、ビリー・ジーン・キング

 伝説のテニス男女対抗試合を描いたエマ・ストーンの主演最新作『バトル・オブ・ザ・セクセス(原題) / Battle of the Sexes』について、アンドレア・ライズボロー、オースティン・ストウェル、そして元テニスプレーヤーのビリー・ジーン・キングが、9月20日(現地時間)ニューヨークのAOL開催イベントで語った。

 本作は1973年に行われた伝説のテニス男女対抗試合を描いた実話。長年、女子テニス界をけん引してきたビリー・ジーン(エマ)は、1970年に女子テニス協会を設立。世界ランキングが2位だった1973年9月に、かつての男子テニスチャンピオンで当時55歳のボビー・リッグス(スティーヴ・カレル)と男女対抗試合を行うことを決意する。『リトル・ミス・サンシャイン』のジョナサン・デイトンとヴァレリー・ファリス夫妻が共同監督を務め、『スラムドッグ$ミリオネア』のサイモン・ボーフォイが脚本を担当。アンドレアはビリー・ジーンの同性の恋人マリリンを、オースティンはビリー・ジーンの夫ラリーを演じた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >