2017/09/23 07:15

安室奈美恵、20年前には女優も…かわいかったあの頃も再評価へ?

かわいい安室ちゃん時代あったからこその、かっこいいアーティスト安室奈美恵ですよね Han Myung-Gu / WireImage / Getty Images
かわいい安室ちゃん時代あったからこその、かっこいいアーティスト安室奈美恵ですよね Han Myung-Gu / WireImage / Getty Images

 来年9月16日をもって引退することを発表した歌手の安室奈美恵だが、20年前には彼女も女優業に挑戦していた。

 安室がドラマや映画に関わった作品と聞くと、彼女が主題歌を歌った作品が真っ先に思い浮かぶかもしれない。実際彼女は最近もドラマ「母になる」、映画『デスノート Light up the NEW world』など数々の作品で主題歌を歌い上げてきた。だが SUPER MONKEY'S時代には、彼女はドラマ「いちご白書」(テレビ朝日系・1993年)、ドラマ「時をかける少女」(フジテレビ系・1994年 / 内田有紀主演)に出演していたことも忘れてはいけない。

 また当時は「ポンキッキーズ」(フジテレビ系)で、鈴木蘭々とシスターラビッツとしても活動。その時の子供たちにとっては、「一寸桃金太郎」や斉藤和義の「歩いて帰ろう」に合わせて踊っていたお姉さんたちという認識も強かったことだろう。今の“アーティスト・安室奈美恵”とはまた違う魅力が詰まっていた時代である。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >