2017/09/22 20:40

韓国で日本視点の戦争映画が公開『この世界の片隅に』が初上映 - 第19回プチョン国際アニメーション映画祭

ラインナップが発表へ 写真提供:プチョン国際アニメーション映画祭
ラインナップが発表へ 写真提供:プチョン国際アニメーション映画祭

 第19回プチョン国際アニメーション映画祭のオフィシャル記者会見が現地時間9月20日、ソウル市内のプレスセンターで行われ、長編コンペティション部門の7作品の内、『この世界の片隅に』『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』の3作品が日本からノミネートされた。

 『この世界の片隅に』は会見で、韓国でも大ヒットし日本映画最高興行記録を樹立した『君の名は。』を抑えて、第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞した作品だと紹介。片渕須直監督と真木太郎プロデューサーの映画祭参加も発表された。『この世界の片隅に』では日本視点からの戦争が描かれているが、本作が映画祭でどのように評価を受けるのかも注目どころである。

 『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は韓国で日本人監督として圧倒的な人気を誇る岩井俊二監督の実写作品をアニメ化した作品。『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』は、「エウレカ」シリーズの劇場版『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』が第13回プチョン国際ファンタスティック映画祭で上映されており、プチョンとは少なからず縁がある作品だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >