2017/09/24 11:10

寛一郎、俳優の道以外なかった 「佐藤浩市の息子」という名

寛一郎
寛一郎

 今年俳優デビューが公表され、すでに3本の映画に出演しさっそうと銀幕に現れた新星・寛一郎。俳優・佐藤浩市を父に持つ彼にとって「俳優」という職業はずっと否定し続けていた道だったというが、その一方でそれ以外の道を歩むことを考えたことは一度もなかったという。

 昨年秋に撮影された映画『菊とギロチン』(2018年夏公開)に続いて、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(9月23日公開)でカメラの前での演技に挑戦した寛一郎。「初めてがインディーズ作品(『菊とギロチン』)で物理的にも精神的にもすごく過酷だったという印象がありました。でもそのおかげで『ナミヤ雑貨店』ではいろいろなことを考えて臨むことができました。役に対しても、現場での在り方に対しても」。

 「現場への慣れもそうですし、現場がどういうものかということは理解していたつもりでしたが、実際に立ってみると想像とは全然違って。すごく成長できたと思います」。

 小さいころ、父親に連れられて足を踏み入れた映画の撮影現場。小学校を卒業するころには複雑な胸中から背を向けるようになってしまったそうだが、その時の光景は今も彼の目に焼き付いている。「『本番!』と声がかかった時には、子供ながらにその時だけは静かにしなければと思っていました。親父が本番中に演技していた姿を見ていたことは僕の今にとって、すごく大きいです。……今、自分で立ってみるとまた違うわけですが(笑)」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >